「ETC利用照会サービスを語る不審メール!正規サイトと同じドメインの偽ページあり

パソコンのコネクタを埃から守ろう!

PCやPC周辺機器を買ってまずやることといえば、普段使わないコネクタも剥き出しになっているので、それを塞いで埃から守ること。

放っておくと1年2年後にはコネクタ内が埃の山になっています。これはいざ使う時にトラブルの原因となりますので普段から埃が入らないようにするのがベストです。

コネクタを守る

コネクタ内は本当に経年で埃がどんどん溜まります。LANコネクタ、USBコネクタ、SDカードスロット、埃が積もると本当に清掃しにくい。

私の場合はPCのLANコネクタがよく埃の山になって清掃していました。

清掃しないで差し込めば埃が奥へ押し込まれてしまい厄介なことになります。

ガムテープなどで塞ぐ

利点
とりあえず手っ取り早く完全に防げる。
欠点
見た目が悪い。
使うたびに付け外しが面倒。
個別に塞ぐには面倒くさい。

市販のコネクタカバーを使う

利点
ちょこちょこ付け外しするのが簡単。

欠点
メーカーによって使い勝手はピンきり。
柔らかすぎて差し込みにくいカバーもある。
近くの家電製品店には置いてない場合もある。

私のオススメはAINEXのコネクタカバー。プラスチック製で精度も高くしっかりカバーできます。USBとLANカバーはつまみも大きめでちょこちょこ付け外しがしやすい。

欠点は持ち運びするノートPCに装着した場合、大きめのつまみが出っ張りとなり持ち運び時のデメリットになるということです。あと、商品リンクのものにはタイプCのUSBカバーがありません。これが残念です。

私はWi-Fiルーターの有線LANコネクタに数箇所付けましたが、一箇所だけはどれを差し込んでもゆるゆるだった。これは単にルーターのコネクタの精度が低かっただけで、コネクタカバーが原因ではなかった。他の箇所ではカッチリはまった。

AINEXのコネクタカバー自体はかなり高い精度で誤差もほとんどなく、PCや周辺機器のコネクタの精度が高ければカッチリした手応えで差し込める感じです。

PCパーツショップだとコネクタカバーは何かしらのメーカーのものは置いてあると思いますが、総合家電ショップのPCコーナーでは扱っていないことも多いので、そういう場合は通販便利。

※買うときはメス用カバーかオス用カバーか間違えないよう注意。PCや周辺機器のコネクタに使うならメス用カバーが一般的。

買ったらすぐつけよう

PCを買ったら使わないコネクタは全てカバーを取りつけましょう。買ったらすぐ取り付けたほうがいいです。最初が肝心です。

1年2年ぶりに、さあコネクタ使うぞ!となった時に埃のせいで接触不良が起きたりしないように、埃がない新品時からしっかりとカバーしましょう。

そもそもこういうのはPCメーカーが最初から付けておくべきだと思うんですよ。たいしたコストにはならないし値段にも影響しないでしょう。

デジカメはしっかりカバーされているじゃないですか。まあデジカメは屋外で埃が付きやすいのはありますが、自宅のPCだって2年位使ったPCのLANコネクタとか見ると埃の山なんですけどね。

タイトルとURLをコピーしました