サイトのカテゴリを見直し、作り直して整理しました。

名古屋市長が金メダル噛んだ行為は非常識だが、SNSで必要以上に叩く行為は危険

この問題は、東京五輪のソフトボールで金メダルを獲得した後藤希友選手の表敬訪問の際に、名古屋市の河村たかし市長が 後藤希友選手の金メダルを無断で歯でかじったというもの。

これに対して市役所に抗議が殺到し、予想通りSNSでは大炎上している。

私はこの傾向を見て心配しています。なぜなら抗議に熱くなるあまり一線を越える人が出てくるかもしれないからです。

名古屋市長が無断でメダルを噛じる

これが法に違反するかどうかは別として(歯型が残れば器物破損?)、コロナ蔓延の真っ只中に、人の大切なメダルを無断でいきなりガブリと噛むのは衛生的に見てもモラル的に見ても信じがたい行動だと思います。

最初は私は市長はただ噛んだふりをしただけだろうと思っていましたが、画像で確認すると、歯がガッツリとメダルに接触していて、さらにメダルのネックストラップも口の中に当たっていて唾液が付着しているように見えました。

市長はメディアの前でパフォーマンスとして軽い気持ちでやったのでしょう。悪意はないと思われます。

ただ、金メダルは後藤選手にとってかけがえのない一生の宝物であるにもかかわらず、無断でやったこと。コロナの最中に不衛生な行為であること。

これを見ていて、不快だ、非常識だ、と感じた人は私含めて大多数でしょう。

ただ、幸い後藤選手は大人の反応でそこまで大きな問題とは考えていないようです。内心はショックで、表向きには気を使っていたのかもしれませんが。

その後市長は謝罪

その後市長はきちんと謝罪。

市長は後藤選手本人、所属するトヨタ自動車へ謝罪文を出しています。後藤選手本人がそれで許せばこの問題はそれで終わりでいいと思います。

これ以上、周囲が余計に騒ぐことは、自分のために多くの人が争いになっているとして逆に後藤選手を傷つけることになります。

私はこれは当事者間の問題であると思う

金メダルは名古屋市のものでも市長のものでも国民のものでも日本国政府のものでもチームのものでもありません。金メダルは表彰式で個人へ栄誉を称えるために勝利した各選手一人に一つ渡されたものです。

勝利は個人及び日本チームのものかもしれませんが、メダルは個人へ渡された個人のものです。

市長がまるで自分がもらったメダルのような感覚で噛んでしまったことは非常識なことです。ただ、それを指摘している人も私含めて他人であり、噛まれてしまったメダルの所有者ではありません。

なので、赤の他人が後藤選手以上に怒る問題ではなく、これは基本的に当事者間で解決する問題と私は考えます。

いつものように一線を越える人が出てくる懸念

たしかにメダル噛みを見ていた多くの国民が抗議して叩きたい気持ちはわかりますが、人が死んだわけでもありませんし、抗議した人所有のメダルでもないんです。

後藤選手が市長へ抗議しているのならば別ですが、後藤選手を置き去りにしたまま、当事者ではない他人だけで気持ちが膨れ上がり、市長をまるで大犯罪者かのような扱いでSNSで大勢で叩きまくるのはやりすぎだと思います。

名古屋市長が極めて非常識な行動であったことは私も怒りを感じます。しかし市長はきちんと謝罪した。後藤選手はそれほど大きな問題とは感じていない様子。だから私は後藤選手の意向に沿っていきたい。

しかしこういった何かがニュースになると、当事者ではないネット民がSNSで大炎上し、大勢で寄ってたかって一人を叩いて必要以上に追い詰めるようなネット処刑の風潮が必ず起こります。

市長は謝罪しましたが、その謝罪ニュースへも、ネット民は気が収まらないのかさらに市長を叩き続けているコメントで溢れています。これはネット民の悪い癖だと思います。後藤選手がそれを望んでいるでしょうか?

一番怖いのは、抗議があまりに多いため、一部の人が一線を越え、脅迫電話や市長の自宅などへの嫌がらせをやってしまうのではないかという可能性の心配です。

タイトルとURLをコピーしました