「ETC利用照会サービスを語る不審メール!正規サイトと同じドメインの偽ページあり

HDDやSSDにプライバシーデータを入れると修理に出せなくなる

新品で買ったHDDやSSDにはメーカー保証が付いています。保証3年とかついていると、安心だと思うかもしれません。

しかしいざ故障した時、修理に出せる状態でしょうか?故障というのが内部データにアクセスできない状態であれば、消去もできずデータが入ったまま修理となります。

そのデータは修理者が自由に取り出せる状態です。もし新品交換となった場合、古いストレージはメーカーがデータ入った状態で引き取るでしょう。しかし中のデータを破壊処分したという確認はこちらではできません。

修理に出したときのデータ漏洩が怖い

例えば最近買ったPCのSSDやHDDが壊れた。あるいはポータブルSSDやHDDが壊れた。

そして保証期間内だし修理に出した。

となったとき、中のデータはどう取り扱われるでしょうか?そのストレージに、他人には決して渡ってはいけない大事なプライバシーなデータが入っていたら?

私なら修理側から情報が抜き取られるリスクが怖くて絶対に修理に出せません。修理側は情報を存分に抜き出せる環境というのが本当に恐ろしいからです。

消去して修理に出そうとしても、壊れてドライブ認識さえしなくなった状態ならば消去さえ出来ない。

こういう事を言うと、「修理で情報が抜き取られることはないから安心して」と言われるのはわかっています。当然ほとんどの修理業者は真面目にやってくれると思います。

しかし、どんな世界でも稀に魔が差す人はいます。メーカーが会社という単位で真面目でも修理担当が一個人として不正に抜き取ってしまうかもしれないという不安は当然でてきます。

銀行だって銀行員が預金を着服してしまうニュースがあるんです。絶対安心なんてありません。例えばパスワードリストなんて万が一でも漏れたらかなりまずいデータだと思います。

絶対に見られてはいけない盗まれてはいけない大事なプライバシーデータはいかなる相手であっても預けることは出来ません。

つまりこれはメーカー保証があっても修理に出せない状態。実質保証なしになってしまいます。

これを防ぐには2つ方法があります。

データを暗号化して保存。

データ記録は、大事なデータとそうでないものへ記録メディアごと分ける。

データを暗号化する

データを暗号化して複雑なパスワードで保護するです。これなら修理時にもし修理業者から不正にファイルをコピーされても見ることは困難です。

修理時にデータは復旧できなくなる可能性は高いですが、暗号化はしたほうがいいです。そもそもバックアップは複数保存が基本であるのでストレージの修理ができればデータは消えていいわけです。中身の復旧はどうでもいい。

データなんて壊れたまま戻ってこなくていいんですが抜き取られるのだけは危険です。

複数のバックアップと言っても、PC本体のストレージとポータブルSSDなどの外部ストレージ。PC本体に入れないなら外部ストレージに同じものを2つバックアップ。バックアップは2つは必要。2つ同時に壊れることはまずないです。

パスワードを集めたファイルはPC本体のストレージへ保存しないほうが良いです。暗号化して外部メモリーなどへ3つくらいコピーしておくといいです。

壊れたら修理出して(データは消えていい)、まっさらな状態で戻ってきたら壊れていない方からデータを移動するだけ。

ただPC本体ストレージへの保存分はネット接続時にファイルを盗み取られるリスクがありますが、だからこそ大事なデータの暗号化は必須です。

ポータブルSSDやUSBメモリなどには暗号化ソフトが付属している場合もあります。他人へ見られてはまずいプライバシーなデータを保存する場合はバックアップ時はそれらを使うことをおすすめします。

また無料の暗号化ソフトであるセキュリティ・ウェアハウス-miniでも暗号化できます。PC本体にあるプライバシなーデータも常に暗号化しましょう。

プライバシーデータとわけてバックアップ

万が一漏れてもいいデータなどをPC内のSSDやHDD、またポータブルSSDやHDDに保存。

そして絶対に流出してはまずいデータ類は、修理しなくていい光学ディスク、あるいは数百円クラスで壊れたら修理出さずに捨ててもいいようなUSBメモリなどへ保存。

DVDやブルーレイならばドライブとディスクが別なので、壊れてもドライブ本体を修理に出すだけ。データの入ったディスクは手元においたままでいい。ディスクは壊れてもたかだか1枚100円程度なので焼き直すだけ。

貴重ではないデータ

高価なSSDなどで、もし故障したら修理に出す予定のストレージ。

万が一抜き取られても大きな問題とならないデータのみ。

プライバシーなデータ

ドライブ(書き込み装置)とディスク(記録メディア)が別になっているストレージへ。

プライバシーなデータをバックアップ。もちろんそうでないものもOK。壊れたら破壊して捨てる。ただし光ディスクはPCに入れて認識までの時間が長いのでパスワードファイルをこれで管理するとログイン作業がストレスになります。

また、使わなくなって余っているSDカードなどを利用。数百円で買ってきてもいい。

プライバシーデータを保存。パスワードファイルなど保存におすすめ。壊れたら破壊して捨てる。

個人的には分けて保存かな

暗号化もパスワード突破されると万全ではないです。そもそも暗号化されたファイルごとコピーされればあとはパスワード突破は時間たっぷりとなってしまいます。

暗号化していても他人へ重要なファイルを預けるのは怖い。ストレージが故障して業者に預けるとき、重要なファイルが入っていないのが望ましい。

そこでパスワードのリストファイルなど絶対に抜き取られてはまずいプライバシーデータは私はメインのストレージとは分けて別に保存しています。使わなくなったSDカードなどを使って3枚同じものをバックアップしています。

これは壊れたら捨てるだけです。修理には出しません。そして片方からデータ移してまた新規にバックアップを作ります。

バックアップは大事です。

タイトルとURLをコピーしました