「ETC利用照会サービスを語る不審メール!正規サイトと同じドメインの偽ページあり

接種すべき?しないべき?ワクチン接種後の死亡率

ワクチン接種後に死亡したというニュースをちょこちょこ見ることがある。

これらはワクチンとの因果関係が不明だが、接種後に死亡という言葉で伝えられるとどうしても人々はワクチンが原因と思いこむ。

毎日のようにワクチン接種からの死亡という見出しのニュースがあると、ワクチン接種すると高確率で死んでしまうかのような不安感が襲う。

これは飛行機墜落事故のドキュメンタリーを見たあと、飛行機に乗ると事故に合ってしまうのではないかという不安感が襲ってくるのと同じ。

ワクチン後の死亡ですが、仮にこれらすべてがワクチンが原因としても、数百万回の接種に対し数十人であり、その確率は極めて低いもの。

まるでパソコンのOSの大型アップデートでバグが見つかる確率と変わらないかのように言う人もいる。

これが他のリスクと比較して、どれほど低いのか見てみることにする。

ワクチン後に死亡

厚生労働省によれば2021年2月17日から2021年6月2日までに医療機関又は製造販売業者から副反応疑いのうち、死亡として報告された事例は計196件。5月30日までのデータでは100万回接種あたり10.6件ということです。

死因の多くは循環器系疾患だが、なかには老衰や自殺、溺死、誤嚥性肺炎などもある。

厚労省ウェブサイトの資料によると専門家による評価は、5月30日までの死亡報告139件のすべてが因果関係が評価できないということらしい。

さまざまな確率を比較する

あくまでも大まかな目安としてほしい。

確率
OSの大型アプデでバグが発見される確率ほぼ100%
コロナに感染した80歳代以上が死亡する確率7.5分の1
コロナに感染する確率(全年齢)
(2021年5月22日までの累計)
200分の1
交通事故に合う確率(年間)200分の1
空き巣に入られる確率(年間)700分の1
30代までに癌になる確率1000分の1
サイコロ5個振って全部同じ目で揃う確率1,296分の1
80歳以上がコロナに感染して死亡する確率1,700分の1
コロナに感染した30歳代が死亡する確率5,000分の1
コロナに感染して死亡する確率(全年齢)1万分の1
ワクチン接種後に死亡した確率9.4万分の1
ポーカーのロイヤルストレートフラッシュ65万分の1
30歳代がコロナに感染して死亡する確率70万分の1
旅客機が墜落する確率200万分の1
宝くじ1等が当選する確率1000万分の1

新型コロナに感染して死亡する確率を書きましたが、死亡者数はこれからも増えていくと思われるので累計の確率は上昇。

また全国の30代が新型コロナに感染し死亡する確率は2021年5月22日の段階で70万分の1と極めて低い。ワクチン接種からの死亡例よりも低い。なら打たないほうがいいのか。

しかし最近はワクチンの感染予防効果が最大で49%あったとするイギリス保健省の4月28日の発表もあり、自分の親など他人へうつさないためにワクチンを接種するメリットはあるかもしれません。以下ソース。

副反応疑いの死亡はほとんど高齢者。ただし30代の接種回数が少ないとも考えられる。これについては年齢層別の接種回数がわからず確率が計算できなかった。

これは副反応疑いでありワクチン接種が原因で死亡したとは確定していないので、ワクチン接種の副反応で死亡する確率は9.4万分の1より遥かに低くなる可能性はある。

話を確率へ戻すが、例えば1学年500人の高校で全員ワクチンを接種して一人も死者がいないレベルであり、仮に500人に1人がハズレを引くとしても、まず当たることは至難。ワクチン後の死亡の確率はこれよりさらに桁が3つも低いレベル。

そう考えるといかに低確率かわかると思う。

ワクチンは9.4万分の1だ。

循環器系疾患で毎日856人が亡くなっている

ここまで確率が低いと、確率のみで見た場合だと、もはやその死因がワクチンが原因なのかどうかさえわからない。

ワクチン後の死亡例の多くの死因は循環器系疾患だが、そもそも日本では毎日心疾患で518人亡くなっている。脳血管疾患では338人(厚生労働省の「日本の一日」より)。合わせると1日856人が亡くなっています。

ワクチン後の死亡例は接種後25日後のものも含まれているので25日という期間で見ると、日本では循環器系疾患で25日間あたり平均2万1,400人が亡くなっているのです。

ワクチンを接種したのは5月30日までで976万人ですが、これを976万人あたりで計算すると1,630人。

ワクチン接種しなくてもそもそも日本人976万人(全年齢)は25日間あたり平均1,630人が循環器系疾患で死亡している。しかしこういうのはいちいちニュースにはしないので心理的感覚は薄い。

976万人がワクチン接種し、接種後25日間で196人が死亡(多くは高齢者)していますが、同じ期間で循環器系疾患で976万人のうち平均1,630人亡くなっていることを考えるとワクチン因果関係を判明するのは難しいでしょう。

我々はリスクに囲まれて生活している

毎日ニュースの「どこどこでワクチンで死亡」という見出しを見れば、ワクチンを接種したら死者ばかりというイメージが植え付けられ、ワクチン怖い!ワクチンはリスキー!と染まりやすい。しかし個別事例ばかりで怖がるのなく、全体を見て確率は極めて低い現実を冷静に考えないといけない。

現在リスクが差し迫っているのは新型コロナ感染による重症化と死亡リスク。

ワクチン後の死亡に関しては多くは数日後ではあるが、中には接種から25日後というものもあり何日まで対象とするのかわからない。1年後2年後も副反応疑いで報告してしまうのか。老衰や溺死、誤嚥性肺炎という死因まで副反応疑いで報告していいものなのか。

じゃあワクチン接種の死亡リスクはゼロなのかと言うとそうではない。

そもそも世の中にリスクのないものは存在しない。どんな人でも毎日わずかながらリスクを背負って生きている。

  • ドライブに行って交通事故で死亡するリスク。
  • 外出しても通り魔に襲われる死亡リスク。
  • 外出して歩道に自動車が突っ込んでくるリスク。
  • コンビニで買物をして強盗に遭遇するリスク。
  • 風呂に入って溺死や心臓発作などの死亡リスク。
  • 食事で喉につまらせて窒息死する死亡リスク。
  • 家にいて強盗に襲われて死亡するリスク。
  • アパートで就寝中、他の部屋からの火災で死亡するリスク。

何事においても常に何らかのリスクがある。

もちろんこれらは注意することで確率は大きく下がる。ワクチンも基礎疾患やアレルギーなどがあれば医師と慎重に相談することでリスクは大きく減る。

ワクチンもリスクはゼロではない。リスクゼロなんてものはない。インフルエンザワクチンでも破傷風ワクチンでもどのようなものでもリスクは有る。

インフルエンザワクチンの接種後死亡率より高いことを指摘する声もありますが、コロナワクチンは高齢者を優先的に接種していて年齢は高齢に偏っていて、インフルとは接種年齢層割合が異なるので一概に比較はできません。接種後死亡の多くは高齢者だからです。

インフルエンザ感染者の6割は10歳未満であり、10歳未満も多く予防接種を行っています。ただしワクチンの発症予防効果は厚労省によれば乳幼児でおよそ2割から6割で、ファイザー社のmRNAコロナワクチンである95%よりはるかに低いです。

どういう人が新型コロナワクチンを接種できないかは厚労省のウェブサイトにあります。

新型コロナワクチンQ&A 厚生労働省

僅かなリスクがあれば当然運悪く重い副反応が出る人はいる。基礎疾患がある人も、相談した医師の判断が誤れば(本当は打つべきではなかった場合)リスクも増える。

ワクチン後に運悪く重い副反応が出た人はそれがワクチンの影響か否か不明でもワクチンを否定的になる。そしてSNSなどで「ワクチンを打つべきではない!」と語るかもしれない。

しかしそれとは反対に、コロナに感染して重篤な症状となって奇跡的に回復した人は「コロナは危険!ワクチンは打つべきだ!」と言うだろう。

例えば治安が良いスイスへ旅行へ行き、初めて訪れたスイスで運悪くたまたま強盗にあったとする。するとその人はスイスの治安は悪いと言うでしょう。そしてスイスについて治安が良いという情報に対して否定的になるかもしれない。

これはAmazonのレビューでも同じ傾向。運悪くたまたま不良品を引くとその商品の評価は1となって現れる。そして「品質チェックはどうなっているのか!他人へおすすめできません!」というコメント。

人間は、自分の身に降り掛かった災難が、よりインパクトが強いものとなる。たとえそれが極めて稀な出来事であっても、初めてチャレンジして運悪く一度の不幸な体験をすれば、傾向として感じ取られてしまう。

それをSNSやブログなどへ書き込めば、読んだ人はそれが傾向だと感じやすくなる。そういったものほど拡散されやすい傾向がある。

一本の木を見てリスク評価するか、広大な森を見てリスク評価するか、ということである。前者の場合、その一本がたまたま枯れていた場合、この森は枯れていると言う。

最後に

副反応疑いについては、マスコミなどの副反応ニュースでワクチンに対して怖いという心理的影響があると、偽薬効果で副反応が現れる可能性もあるでしょう。

副反応疑いは女性が多いが(死亡報告は男女おおよそ同じ)、じゃあ女性の方がハイリスクかというと、接種人数や摂取回数の男女別・年齢別のデータがなく分からない。

現在日本はコロナ感染者が増えては自粛、減っては油断、増えては自粛、減っては油断の繰り返しという終わりのない戦いが延々続いている状態。

ワクチン接種はこれを打開するきっかけになる可能性が大きい。

ワクチンが遅れた日本もようやくワクチン接種が流れに乗ってきました。ただ、死亡ニュースやデマなは少数でも心理的なインパクトは極めて強いので接種を怖がる人も多くいる。

運悪く重い副反応が出れば、その家族などがワクチンを危険とネットで訴えることもある。これは気持ちはわかるしある意味仕方ない部分もある。しかしコロナで重い症状となり家族を失った人どうでしょうか?ワクチンを打つべきだと言うでしょう。

問題は、ワクチン否定派が集団となり、他の人へもワクチンを打たないように誘導していくような行為はコロナ終息の遅れを招き、コロナの死者が減らず、経済回復にも深刻な影響を与えます。

新ワクチンを急ぐべきではない、という考えの人もいる。通常ワクチン開発には5-6年あるいは10年以上かかることもある。このコロナの状況をあと5年10年続けるほうが遥かにリスクの高い選択と言えます。この1年で1万人が命を落とし、経済も深刻なダメージを受けた。

徐々に非常事態宣言でも協力する人は減り、自粛と緩和の繰り返しでは何度やっても終息しないのは明らかです。最近では非常事態宣言の効果も薄くなってきている気がします。

コロナ感染者が急速に減っているイギリスとアメリカを見る限り、ワクチン接種はコロナ蔓延が終わらない今の日本の状況を打破するきっかけとなる可能性は極めて高い。

そう考える多くの国民が接種するのが理想ですが、ワクチン接種は努力義務(義務とは違う)となっていて任意です。副反応リスクが怖いなら無理に接種することはないのです。

ワクチンを打たない選択は個人の判断。例えば職域接種をする場合なども会社は従業員に強制することは出来ません。看護師であっても拒否することが出来ます、任意です。

我々はワクチンを接種しない人に対し、不当な扱いをしたり差別やいじめがないように注意しないといけません。

タイトルとURLをコピーしました