「サービス復旧のお知らせ」という件名の詐欺メールに注意!2021年10月13日

偽Amazonの詐欺メールは専用メルアドでリスク大幅回避

迷惑メール、フィッシング詐欺が絶えることがありません。この中でも特に多いのがAmazonや楽天を装ったフィッシング詐欺メール。

中でもAmazonを騙るフィッシング詐欺メールはとても多く、本物か紛らわしいと思う人もいるかも知れません。

しかしこれはAmazonのみに使う専用メールを作ることで簡単に回避できます。

Amazonを騙る詐欺メール

件名がだいたいパターン化していて気が付きやすいですが、本当に注文しているときにメールが来ると本物か紛らわしいと思う人もいるでしょう。

また、Amazonへログインしたときに「Amazonセキュリティ警告: サインイン試行が検出されました。」とメールが来ることがある。これはログイン時のメール承認であり、詐欺メールではなく本物だ。

これが他の詐欺メールに紛れていた場合、わけわからなくなる。

ちなみに私はGmailサービスで殆どのメールを送受信しているので偽Amazon限らず詐欺メールは今の所100%迷惑メール分類へ自動で弾かれています。

ですが、Gmailなどで管理しなくても、AmazonにはAmazonだけにしか使わない専用のメールアドレスを用意して使うことでほぼ回避できます。すでに私はそうしていますので上のメールは正規のものだとすぐに分かります(ちょっとはドキッとしますが)。

つまり迷惑メールが来ているメールアドレスではAmazonに登録しないことです。AmazonにはAmazon専用に新しくメールアドレスを作って登録。そしてAmazonに登録したメールアドレスは他のサービスへ登録しないようにします。

Amazonでしか使わないメールアドレスを作る

迷惑メールが届く原因は様々あります。

無料ブログなどへ登録したとたん、迷惑メールが始まることもあれば、情報漏えいだったり、アドレスをランダムに探し当ててくることもある。

私はメールアドレスを7個使っていますが、迷惑メールが来るのは2つのアドレスのみ。

1つ目のアドレスは昔ホームページで公開していたメールアドレスで様々なサービスへ登録していたこともあり、山のように迷惑メールが来る。

2つ目のアドレスは、オンラインゲームサービスの登録アカウントで使用していて数年間1軒も迷惑メールがなかったが、このアドレスをある有名無料ブログへ登録した途端、海外などから山のように迷惑メールが来始めた。

3つ目はウェブサーバーとドメイン登録などに使ったメールアドレス。こちらには迷惑メールは一切来ない。

4つ目はグーグルアドセンスなどに登録したアドレスでこちらも迷惑メールが一切来ない。

5つ目、6つ目のメールアドレスはオンラインゲーム登録用で迷惑メールは10年間一切来ていない。

7つ目はAmazon登録の専用アドレスで迷惑メールは一切来ていない。

8つ目もあるがこちらは使用していない。迷惑メールは来ていない。

私の場合は1つのアドレスを除いては、同じメールアドレスで多くのサービスに登録するような使いまわしはしていない。

つまり私のところに来るAmazonを語る迷惑メールはAmazonへ登録していないアドレスなので、こちらへくるAmazon注文だのアカウント云々というメールはすべて詐欺メールだとわかる。一目瞭然。だから私は間違ってURLを踏んだりすることがない。

Amazonを語る迷惑メール対策は、AmazonにはAmazon専用に作ったメールアドレスを使うこと。これだけで間違うリスクは大きく下がる。このアドレスはそれ以外には登録しないこと。

もちろんこれも万全ではなく、メールアドレスアドレスの文字列をランダムに探し出してくる可能性もあり、そうなればそのうち迷惑メールが来るかもしれません。

そうなったら次々と迷惑メールが増えるのでまた新たにアドレスを作ってAmazon用は登録アドレスを変更しちゃいましょう。

ただ、私が使っている限り、一つの信頼できるサービスにしか登録していないアドレスへは迷惑メールが来ません。ランダムにアドレスを探してくるのはそれほど多くはないのではないでしょうか。

やはりAmazonや楽天などを騙る詐欺メールが多いので、詐欺メールが多いサービスは専用のメールアドレスを使うことです。

タイトルとURLをコピーしました