サイトのカテゴリを見直し、作り直して整理しました。

猫は強し!熊も猿も無傷で追い払う!人が熊と鉢合わせたらやるべきこと!

猫は縄張り争いが熾烈で、外からの動物の侵入を許しません。猫は人間を相手にしませんが、4足歩行の哺乳類に対しては縄張り意識で威嚇してくることがよくあります。

それは相手が自分より大きな熊でも同じようです。

人が熊に襲われる事件は時々発生しますが、実は熊は人間が思っているよりずっと臆病です。まともに戦ったら勝てるわけがありませんが、熊と鉢合わせたときの行動次第では高確率で熊を追い払えます。

ちなみに猫は熊を威嚇して追い払います。人間より弱い猫が熊にやられないのに、人間がやられているのが現状です。この猫の行動を参考に熊から身を守る方法を考えていきましょう。きっと役に立つはずです。

猫の強さを見ろ!

猫が熊を威嚇して追い払うことを知っていますか?以外に話題にならないがそういう動画は結構あります。たまたまではありません。多くの動画で証明されています。

猫と熊が戦ったら猫は勝てません。しかし熊のほうが逃げます。戦わずして猫は勝利します。この動画以外にもユーチューブには多く動画が上がっています。更にずっと大きな熊を追い払う動画もあります。

小さな猫が全くの無傷で熊を追い払えるのです。人がなぜ熊にやられるか、その答えはすぐに出ます。人は臆病だからです。臆病な熊よりも臆病なのです。人はすぐに驚いて逃げようとしますが熊は逃げると追いかけて襲ってきます。ここで人がやられるのです。

猫を見ると熊を睨みつけて全く逃げようとしません。ここが重要ポイントです。

熊は臆病なので追いかけると逃げます。ただしこれもタイミングと状況を考えないと下手に突っ込めば危険ではあります。例えば親子連れの熊です。

威嚇してくる熊は厄介ですが、猫はそれでも追い払います。下の動画は親子連れではありませんが猫を威嚇しています。熊が立ち上がったり地面を叩いています。

ですが熊がいくら威嚇しても猫は微動だにしません。この座った根性はすごいです。するとそのうち熊が自分から去っていきます。人ならビビって逃げてそれで襲われてジエンドのパターンです。ここから学ぶことは多いです。

環境省ウェブサイトにある熊と鉢合わせたときの対策では背を見せずに後ずさりしましょうとなっているが、その場を動かず熊が去るまで睨みながら中腰で待つほうが確実な気がしてきました。

人と鉢合わせると熊は逃げる

ちなみに人と鉢合わせすると熊は逃げます。熊は見た目は強そうですがハートは臆病なんです。

その証拠動画がこちら。家の影から人と熊が鉢合わせた瞬間の動画です。

熊は突然人が目の前に出てきたのでビビって逃げ出しました。人間も同時に逃げだしています。この時追いかけていけば熊は更に逃げていくでしょうが、人の気配がなくなったため熊は戻ってきました。

人は熊を見るとびっくりしますが、実は熊のほうがびっくりしているのです。

熊にビビって逃げると詰む

猫は熊を追い払う。

これら共通することは、猫はいかに威嚇されても逃げないということ。猫は引きません。人間はすぐに驚いて後ずさったり逃げるので追いかけられて襲われて大怪我をします。

人間より弱い猫が無傷で追い払っているのです。これは一つの参考になる動画だと思います。動物にはハッタリが通用するということです。

熊と目があったら睨みつけて間合いを取ることが最善です。そのうち熊が去っていけば安心。

あまりに熊が近づいてきたら逃げずにパンチ威嚇でも棒を振り回してもいいのでハッタリ攻撃すれば逃げ出す可能性は高いです。これは多くの猫の猫パンチ動画でよくわかりました。もし、こちらから逃げると間違いなく襲われるでしょう。

熊は足が速いので人が走っても逃げ切れません。熊の爪は鎌と同じなので人の皮と肉が簡単に剥がされてしまいます。

猫動画で言えること

  • 威嚇されても絶対に後退せず、じっと睨んで間合いを取っていると熊は襲えなかった。
  • 猫パンチで熊は逃げ出している。
  • 猫が追いかけると熊は逃げる。

確実性があるかまではわかりませんが、傾向とは言えそうです。

猫から参考になる点は多いです。

ちなみに猫は威嚇してくる猿も追い払います。そういう動画もいくつか見ました。人間は猿に襲われますが、それは猿の威嚇でビビって後退りするからです。猫は動かず睨み続け、猫パンチで猿を追い払うのです。

タイトルとURLをコピーしました