「ETC利用照会サービスを語る不審メール!正規サイトと同じドメインの偽ページあり

ついに自転車も反則金制度?導入されたら気をつけるべきポイント

路上でやり放題だった自転車もついに観念する時が来るかもしれない。

2021年4月の警察庁の有識者検討会で話が出た自転車の反則金制度。

これがもし決定して施行されるとなると、車や自動二輪、原付きのように容赦なく検挙してくるのか?

違反自転車の現状は?

自転車にも車でいうと赤切符と同じ罰則(刑罰や罰金)の付いたルールがあるが、手続きが多く、起訴されるのがわずか。

そこで2015年6月1日より自転車運転者講習制度が始まりました。ただし一定の違反行為(危険行為)を3年以内に2回以上行った者ということでやや甘い制度となっています。講習となると手数料が6,000円。

それでも普段外に出ていてそのような取り締まり風景を一度も見たことがない。全国でみると取り締まりを行っているところは多くあるようですが、車や自動二輪、原付きなどと比べると遥かに少ない。

自転車は普通に無法状態です。赤信号は無視、車道を逆走、一時停止はしない、傘差し自転車、スマホ自転車。

反則金制度が導入されたら

しかしついに来るかもしれない反則金制度。これは厳密には交通反則通告制度といい、簡単に言えば赤切符で処理すると刑事手続で間に合わないため、軽微な違反は行政処分として手続きを簡略化してしまおうというもの。

つまりは車や自動二輪、原付きと同じような流れになります。軽微な違反をしたら青切符貰って反則金払って終わり。

こうなると警察も積極的に検挙してくる可能性は濃厚です。白バイも今までは自転車の違反には注意だけだったかもしれませんが、反則金制度が始まれば容赦なく検挙してくるでしょう。

もし施行された場合、気をつけたほうがいいポイントは次の3つ(※あくまで個人的な意見です)

  • 信号無視
  • 車道の逆走
  • 一時停止無視

この3つは青切符となる違反であり、かつ多くの自転車乗りがやってしまいがちな違反。

現在無法地帯になっているにも関わらず取り締まりが放置ぎみである自転車は白バイなどに発見され次第、自動車同様に容赦なく赤色灯を回して検挙してくる可能性あり。

もちろんこれ以外の軽微な違反もドンドン取り締まると思います。

歩道走行に関しては、車道によっては自転車の走行が非常に危険な状況もあるため、血眼的な取り締まりは現実的ではないと感じます。

もしも反則金制度が導入されたら、自転車は今までの自由気ままな運転から心いれかえ、道路交通法を守って乗っていかないと、もう今までのようには甘くはないと思います。

「違反したら捕まるから仕方なく守る」ではなく「交通事故を起こさないために守らなければならないルールである」ことを忘れてはいけません。

安全な自転車運転を心がけましょう。

タイトルとURLをコピーしました