【格言】頑張れる言葉、言い聞かせる言葉は心の支えだ

頑張れる言葉、言い聞かせている言葉は人によって色々あると思います。言葉というのは心の支えになる。

これらの言葉は人生において立ちはばかるいくつもの困難を乗り越える糧となる。人によっては色々な考え方もあり、どれが正解とも言えないのですが、私が考えている言葉を紹介します。

頑張れる言葉、言い聞かせる言葉

今つらいことも、過ぎてしまえばただの過去の記憶に過ぎない。

学校で辛いことがあってもその辛い出来事は、卒業して5年10年と時が過ぎれば、ただの過去の記憶に過ぎない。過去にああいうことがあったなあという記憶だけになる。今はその記憶の中をたどっているだけ。だから何とか耐え抜いて過去の記憶に追いやってしまおう。

今日頑張らないと、明日は来ない。

今日はだるい、明日から頑張る・・・という人は多い。しかし今日を頑張らないと明日はやって来ない。今日やると決めたら今日やること。今日を頑張ることが明日につながるのです。

やらないで後悔するくらいなら、やって後悔したほうがマシ。

挑戦することは大切なこと。将来の夢など、たとえ可能性が薄くてもやりたいことはどんどんチャレンジしよう。やらないと一生後悔するかもしれません。やってダメならあきらめがつきます。しかしやらないで終わると、あの時やっていればもしかしたら・・と、一生引きずることに。

人からどう思われようが、どんなに馬鹿にされようが、自分が信じた道をいけ。

日本人はひと目を気にしながら他人と同じ行動を選ぶ傾向が強い。そのせいで自分が本当にやりたいことをやれずじまいの人も数多くいる。もったいない話だ。誰からどう思われようが自分に素直になって本当にやりたいことをやろう。それを理解してくれる人はきっと見つかる。

夢は達成できなくてもいい、追い続けることに意味がある。

生きていく上で夢は大切な要素。人は夢を追い続ける。それは現実的なものでなくてもいい。夢はたとえ達成出来なくたっていいのだ。夢は追い続けることに意味があり、追い続けることは生きがいとなる。充実した人生を送りたいなら常に夢を持って追い続けろ。

人生はいつ転機がやってくるかわからない。あきらめるな!

人生は何が起こるかわからない。ある日なにかのきっかけや出会いで突然転機(ターニングポイント)がやってきて苦しい生活が一変し、生活が一気に豊かになることもある。チャレンジをあきらめず続けることが大事である。続けていればチャンスがやって来ることもある。だが、続けていないとチャンスは一生こない。

冷たい人にも優しい一面はある。

人の評価は初対面の感じ方が大きく影響することが多い。このときそっけない扱われ方をされたりきつい言い方をされるとマイナスの印象が支配する。しかしどんなに感じが悪い人も、家族や友人には優しかったりする。そういう一面を知らないだけなのだ。

他人は自分より苦労していると思え。

自分はこんなに苦労してきたのに、あの人は順調そうだ、楽でいいよなあ。という考え方の人は多い。自分のほうが苦労をしてきたという思い込みだ。しかし順調な人生を歩んできたように見える人も、あなたの知らない部分で大きな困難を乗り越えてきているものである。

他人を注意したら最後に温かい言葉を忘れるな。

教育の場面でもそうだが、人を注意した時は、注意された側は凹む。

そこで、最後に仲直りの握手をしたり、「じゃあ気をつけて。」「大切な時期だから風邪引かないようにね。」 「お前ならやれば出来るよ!頑張れ!」など励ましの温かい言葉で〆て気持ちよく終わるべきである。

これによって言われた側の精神的な嫌な気分が消え、後味の悪さが消える。次に再開したときに引きずること無く気持ちよく挨拶ができる。

タイトルとURLをコピーしました