「ETC利用照会サービスを語る不審メール!正規サイトと同じドメインの偽ページあり

渋谷交差点に見る危険な自転車マナー

ユーチューブの動画サイトで有名な渋谷交差点ライブカメラ。

このライブ放送で渋谷スクランブル交差点の動きを見ていて安全面で問題があると感じることがあります。

それが自転車の信号無視です。車道側が赤の時、人の間スレスレを縫うように勢いよく自転車が抜けていきます。車道から、交差点の人混みの中を突っ切って、車道へと。

これがあまりに多くて非常に危ない。接触事故はないんでしょうか?

仮に今までなかったとしてもこれは危ないですよ。いつか人と接触します。

渋谷スクランブル交差点の現状

自動車用信号が赤で、自転車が車道から車道へ抜ける場合、道路交通法では自転車は信号無視になりますが、渋谷スクランブル交差点ではこれが普通ですか?

ANNnewsCHがユーチューブ上で公開している動画を見るとその様子がよくわかります。動画のアドレスが定期的に変わるのでこのブログに埋め込みはしていませんが、ユーチューブ上で「渋谷スクランブル交差点 ライブカメラ」で検索すれば出てきます。

ライブ放送としては渋谷の人をカメラで観察しながら視聴者がチャットしている憩いの場となっています。

その渋谷スクランブル交差点のライブカメラを見ていると、自転車は自動車用信号が緑でも進行、赤でも進行。もうむちゃくちゃです。

ほぼ毎回自転車の信号無視があります。自転車がどの信号に従っていいかわからないという人も多く、それを百歩譲って考えたとしても、人の中スレスレを縫うようにスイスイと突っ込んでいくのは危険です。

道交法では

ちなみに自転車が交差点でどの信号に従うか、

自転車が車道を走行している場合は自動車側の信号に従います。

自転車が歩道を走行している場合は歩行者用の信号に従います。

※自転車専用信号がある場合はそちらに従います。

自転車は基本的に歩道は走行できませんが、例外があります。

  • 13歳未満と70歳以上のもの。
  • 身体障害者福祉法別表に掲げる障害があり車道通行に危険が生じる場合。
  • 車道を通行するのが状況的に危険と思われる場合。
  • 標識などで自転車通行可と表示されている歩道。

この場合は自転車の歩道走行が出来ます。ですが歩行者優先です。

自転車マナーの問題を考える

これは渋谷スクランブル交差点だけの問題では無いと思いますが、自転車の従うべき信号ルールがわかっていない人が多いならば講習会やイベントで世間一般の認知度を上げていくべきだと思います。

それ以外でも自転車は飛び出しやスマホ乗り、傘さし乗りなど交通マナーが非常に悪く、それが原因の事故も多いです。自転車には講習義務を作り、修了証がないと乗れないようにするべきではないでしょうか?

ですが、信号ルールをよくわかっていなかったとしても、人が多い交差点で歩行者の間スレスレを勢いよく縫うように走るのが危険だということくらいは普通の大人ならわかります。

なのになぜ危険な走行をするのですか?歩行者とぶつかって大怪我させると賠償金など大変ですよ。

タイトルとURLをコピーしました