「ETC利用照会サービスを語る不審メール!正規サイトと同じドメインの偽ページあり

禁煙アプリに保険適用、こんなのやるならタバコを違法にすればいいのに

厚労省が禁煙を治療する目的のCureAppのスマホ向けアプリCureApp SCにかかる費用を保険適用としました。

喫煙については、望まない受動喫煙をなくすため健康増進法の改正で屋内は原則禁煙とする法整備など国内では喫煙が健康に与える影響について大きな問題として扱われています。

ですが、毎回思うのですが、そもそもタバコが合法という喫煙環境を用意しておきながら、タバコの害を注意喚起したり、吸いたい人に吸わせて、タバコ薬物依存症になった人に保険適用というのは、何かおかしくないでしょうか?

タバコは日本の癌

そもそも年齢制限があるものは体に悪い。酒はIARCの分類で一番上のグループ1という発がん性のある飲み物。タバコの煙はニコチン、タール、一酸化炭素、アクリルアミド、ダイオキシン類、カドミウム、その他多くの有害物質が含まれています。

タバコについてはあれこれ規制やマナーが言われているものの、いまだに平気で歩きタバコする人、ポイ捨てする人、毎日いっぱい見ます。

ニコチン依存も一度なってしまえば治療は大変です。どんな人でも最初はタバコを吸いません。人生のどこかに吸うきっかけがあったのです。そこから始まります。だから喫煙への入り口をなくしてしまうのが理想なのです。

つまりタバコそのものを法で禁止、つまりタバコを違法薬物としてしまうのが一番手っ取り早い対策。今のような「タバコを吸わせてニコチン依存患者にさせてから治療」というような対策では終わりがありません。

タバコを法で禁止にするのが早い

タバコをのものを全面的に禁止にすれば、喫煙関連に関する細かな規制を考えなくて良くなります。そもそも体に害のあるものが法で許可されているというのはおかしな話。

タバコは食べ物ではありません、タバコは大麻や覚醒剤などと同じ薬物です。それが違法か合法かという法の違いだけです。なぜタバコが合法なのかまったくもって理解できないです。

タバコが法で禁止となると困るのがJT(日本たばこ産業株式会社)です。

JTのウェブサイトでは、JTがいかに世の中に貢献しているかというコンテンツで埋め尽くされています。ならタバコを販売しないでください。

JTは医薬品、加工食品だけ頑張っていればいいんです。タバコを販売しないで!

そもそも体に悪いものを売って利益を得るというのが変です。バッサリタバコを法律で禁止にしてほしい。販売も所持も使用も。

タバコをなくすとたばこ税が減るからという人もいますが、タバコのせいで医療費が膨らみ、ポイ捨てや寝タバコによる火災なども発生している。

保険適用について最後に言いたいこと

ニコチン依存症に保険適用ということはつまり公費も使われるわけで、生まれてずっと非喫煙だった人の税金まで含まれている。

ニコチン依存症の治療のために保険が使われるのに、なのに予防注射は保険適用されない。歯列矯正は保険適用されない。こういうのに保険使ってください。

ニコチン依存症対策でやるなら、まずはタバコを法で禁止にして元を断たないと、今後も次々とニコチン依存患者が出てくるだけです。

ニコチン患者を増やしてニコチン患者を治療するための支援というのは絶対に変です。

タイトルとURLをコピーしました